読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柔らかい毛並み

ゆるく思ったことを綴ります。

肌の声を聞く

こんばんは、はなです。 わたしコスメやスキンケア用品大好きです♡ ドラッグストアとか見てるだけでワクワクしちゃう...。

f:id:fourruredouce:20161213001158j:plain

でも、なぜ好きかと問われれば、やっぱり根本には肌トラブルへの悩みがあるでしょう。 特にここ数年、ニキビというか大人ニキビというか、いっそ吹き出物とでもいうのか、に悩まされておりました。 色々試してはみるけど、全く治らない。

むしろ悪化したりして。 皮膚科に行った方がいいかなぁと思ったり。

自分より明らかにスキンケアにお金かけてない子のツルツル肌見て落ち込んだり。。。

数年試行錯誤してて、最近やっと分かってきたことがあります。 それは、私は自分の肌の状態を全く分かってなかった!ということ。

私、神崎恵さんが好きです。 神崎さんの考えは、私の考えやスキンケアにすっと馴染んでいくものでした。

神崎さんが仰ること、それは『自分が恋するコスメを選ぶこと』。

ちょっと前の私、この意味が全く分かりませんでした...

「恋するって...?ちゅ、抽象的すぎて分かんないよー神崎さん!それって一体どんな感覚なのーーーっっ??」

f:id:fourruredouce:20161212235619j:plain

私が好きでよく見るYoutuberの方も、『肌の声を聞いてその日のスキンケアを選ぶ』と仰います。

「肌の声って...なんか意識高い系だ...。そんな選べるほどスキンケア持ってないし...」

としか思ってませんでした。 その時は、肌状態に合わせてスキンケアを考えれるほど、自分の肌のことを分かってない、とは思いもしてなかったんです。

そんな感じで、80%の人が効果実感!いま口コミ急上昇!みたいなコスメにひたすらとびついてました。 これこそ肌が良くなるはず、と試しては失敗してしまうスパイラル。

f:id:fourruredouce:20161213000715j:plain

きっと私の肌は助けを求めていたことでしょう。 こんなふうに。

はな「新しい化粧水ー♪ニキビに効くらしいし、どんな感じかなー♪」

ぴちゃっ。

肌A「大変です!将軍!」

肌将軍「うわぁーピリピリする!ここでは保湿が足りていないというのに。この上に殺菌成分のある化粧品を使って油分を排除し、更なる乾燥を進めようというのか!......うっ!」

肌B「しょ、将軍!!これ以上は無理です!」

肌将軍「...また我らの声は届かないのか...!こうなったら、我らの犠牲をもって知らせるしかない!この戦いには何の意味もないということを」

肌A「き、きた!アクネ菌です!」

肌B「だめだ、保湿がたりない!この乾燥ぶりではやられる!」

肌将軍「犠牲を恐れるな!ここに戦いの跡を遺そうではないか!もって我々の声を届けるのだ......!」

翌朝。

はな「......ニキビできてる...」

すみません、長々と打ってきて、だんだん話が逸れていってる感が否めませんね(笑)

結果を申しますと、私のニキビちゃんの原因は油分が原因でなく、乾燥が原因ではないかと、最近思い始めてきたのです。 Tゾーンはテカるけど、頬は乾燥してて、刺激に弱い敏感肌、それが私の肌状態ではないかと。

私今まで、乾燥=粉吹き肌であり、粉吹き肌でないならば乾燥はしていない、って思い込んでたのです。

(ㅎ.ㅎ )

とんだ思い違いでした...。化粧水だけO〇BISとかプ〇〇クティブとか使っても、保湿が出来てなきゃ意味がない...!!

もちろん、O〇BISやプ〇〇クティブの批判ではありませんよー! 私の場合はそもそも保湿できてなかったし、誰にでも合わない化粧品ってある。 むしろ、誰にでもあう万能な化粧品なんて、ほぼほぼ存在しないのでは...???

ってことで、最近は自分の肌の声に耳を傾けるようにしてるわけです。 最近の私の肌は以前よりご機嫌。 戦いの傷跡は残すものの、荒涼とした乾燥状態は、少し脱出しております。 いぇい!